函館観光

津軽海峡 イカ漁 漁火銀座〔いかりょう いさりびぎんざ〕

  • 津軽海峡の漁り火津軽海峡の漁り火
  • 函館山と漁り火函館山と漁り火

毎年、6月1日にイカ漁が解禁となる。函館周辺の漁業はイカ釣りが主力で、函館で獲れるイカは、主にスルメイカ(真イカ)とヤリイカ。
函館地方は、古くから日本海を南から北に回遊するスルメイカの生産地となっている。
八月下旬にかけて漁場もだんだんと海から函館市街に近づき、湯の川漁火まつりも催される。
イカは、光の元に集まる習性があるため、イカ釣り船は、ランタンのようなライトを船にたくさん吊している。暗闇の海に照らす明かりは相当明るい。毎年漁が盛んな6月〜12月位まで、津軽海峡に多くのイカ釣り船が出て、水平線に並んで見えて明るく夜空を照らす。明るさが街明かりのように見えることから漁火銀座とも言われ、幻想的な光景になる。函館の街の風物詩でもある。
函館のイカ釣り船の特徴として、他と違い、釣ったイカは、生け簀で捕獲される。そのため漁から戻ったあとも、イカがピンピンしている。まさに鮮度が命の函館のイカ漁である。
スルメイカ等の稚魚は、日本の南の方で生まれるが、北上しながら成長し、人の成人ぐらいの年齢にあたるころにプランクトンの豊富な津軽海峡あたりに来る。そのころがピチピチとしてちょうど食べ頃の時期になるので、函館のイカは特別に美味しい。スルメイカは、函館では真いかと呼ばれ、毎年6月から8月頃迄が最も旬で、あまり大きくならないのが美味しい。また、ヤリイカは、11月中旬~2月にかけて獲れ、細身の胴に大きなミミで、槍のような形である。身が薄めで歯ざわりも柔らかい。
特に、夏にかけての育ち盛りの真イカとヤリイカは絶品だ。身が透き通り食感もコリコリして柔らかい。やはり鮮度が重要なイカは、函館に来て食べるしかない。

  • 函館山と漁り火函館山と漁り火
住所
函館市日乃出町25
電話番号
0138-21-3111
営業時間
夏から秋。
駐車場

函館観光おすすめコース

▲ページ先頭へ