メニュー

函館タウンなび/北海道函館のグルメ ホテル 温泉 観光

イベント

函館観光

函館の名所・観光地の紹介

風光明媚な函館の自然

北海道道南の風光明媚な函館の自然の観光地をご紹介。

47件あります

函館山〔はこだてやま〕

函館山山頂からの昼景

函館山といえば夜景が有名だが、自然の地形がなせるパノラマの昼景も夜景に引けをと…続きを読む

函館山といえば夜景が有名だが、自然の地形がなせるパノラマの昼景も夜景に引けをとらない素晴らしさがある。函館山は夜の夜景ばかりに気を取られがちだが、本当の函館山の魅力は、津軽海峡の海に突き出た360度のパノラマと自然にある。松前方面、恵山方面、対岸の青森、津軽半島そして下北半島まで、まさに津軽海峡の海の向こうを見渡す景色は素晴らしい。
そして函館山は600種類の植物と150種の野鳥が生息する自然の宝庫で、散策ができる1時間前後のハイキングコースが10ほどあり、函館山の自然を楽しむなら昼にかぎる。中でも要塞跡や歴史も深い観音コースなど、一日では廻りきれないほどの魅力がある。

★函館山登山道 2018年4/16から開通 マイカーは4/24まで夜間もOK
午前11時に通行止解除となり、山頂まで自家用車やレンタカーで行くことができます。ただし登れるのは昼の時間帯と、4/24の夜間まで。4/25~9/30の17時~22時、10/1~11/12の16時〜21時はマイカー規制で夜はタクシー、バスのみ通行可。 閉じる

TEL 0138-22-6799
駐車場

五稜郭公園

五稜郭公園

北方防備の目的で造られた、日本初のフランス築城方式の星型要塞で国の特別史跡に指…続きを読む

北方防備の目的で造られた、日本初のフランス築城方式の星型要塞で国の特別史跡に指定されている。幕軍と官軍の最期の戦いである箱館戦争の舞台となったことでも有名。4月下旬から園内のソメイヨシノが一勢に咲き誇り、市民でにぎわいを見せる花見の名所でもある。

■冬期/五稜星の夢(ほしのゆめ)イルミネーション
2018年12/1〜2019年2/28 イルミネーション点灯時間17:00〜20:00 ※2/10〜28は日没の関係で17:30点灯
国の特別史跡・五稜郭のお堀1.8kmを2,000個のルミネーションでライトアップする「五稜星の夢」。雪で覆われた五稜郭が光の星となって函館の夜景に浮かび上がる。お堀に映るイルミネーションが美しく、真冬の散歩道としても人気。期間中、五稜郭タワーでは19時まで延長営業し、17時からは夜間特別料金で搭乗できる。 閉じる

入場料 展望料金 大人900円
TEL 0138-21-3111
開館時間 □五稜郭タワー
8:00~19:00 (4/21~10/20)
9:00~18:00 (10/21~4/20)
五稜星の夢期間9:00~19:00
駐車場 有 市営パーキング 1h200円

五稜郭タワー

五稜郭タワー

五稜郭にちなみ五角形の展望台と星形の塔体を持っているタワーは2006年にオープン。…続きを読む

五稜郭にちなみ五角形の展望台と星形の塔体を持っているタワーは2006年にオープン。地上107mの展望台から望む360度のパノラマは、函館山や津軽海峡、横津連峰の山並み、国の特別史跡・五稜郭の星型を眺望することができます。無料で入場できる1階アトリウムには新撰組副長・土方歳三のブロンズ像や箱館五稜郭祭で使用される大砲などが展示され、売店が隣接しています。展望台は2階層になっており、同1階には空中散歩の気分を味わえるシースルーフロア、2階には五稜郭の歴史を学べる展示スペースなどがあります。

■五稜郭タワーは初日の出スポット 2016年12月
元旦は朝6時から営業、展望台で縁起のいい獅子舞が披露される。7時から1Fアトリウムで新春餅つきのサービスも。元旦の午前0時にタワーがライトアップされ、新年を迎えたことをタワーの灯りで知らせる。 閉じる

入場料 展望料金/大人900円 中高生680円 小学生450円
TEL 0138-51-4785
開館時間 8:00〜19:00(4/21〜10/20)
9:00〜18:00(10/21〜4/20)
9:00〜19:00(五稜星の夢期間)
駐車場 有 2h200円(美術館よこ)

立待岬

立待岬

函館山の南端に突き出た岬で、津軽海峡をはさんで下北・津軽半島を彼方に望むビュー…続きを読む

函館山の南端に突き出た岬で、津軽海峡をはさんで下北・津軽半島を彼方に望むビューポイント。かつては異国船を監視する要所だった。夜はイカつりの漁火を間近に眺められるロマンティックな場所でもある。岬へ向かう途中に啄木一族の墓がある。 閉じる

TEL 0138-21-3111
開館時間 通年
駐車場

元町公園

元町公園から公会堂

明治から昭和25年まで箱館奉行所や開拓使がおかれ、北海道・道南の行政の中心だった…続きを読む

明治から昭和25年まで箱館奉行所や開拓使がおかれ、北海道・道南の行政の中心だった場所。港を見おろす高台にあり、公園奥には復元した旧北海道庁函館支庁庁舎のルネッサンス風の洋館を函館写真歴史館として利用し、すぐ近くに古いレンガ造りの函館支庁書籍庫が建ち並ぶ公園。
第8回はこだて国際民族芸術祭 2015
8/5〜10、元町公園周辺で開催される国際色豊かなお祭り。国内と海外のアーティストが演奏やパフォーマンス、大道芸が披露される。元町公園会場は有料、それ以外は無料で楽しめる。 閉じる

入場料 無料
TEL 0138-27-3333
開館時間 終日
駐車場 有 公営駐車場あり。

きじひき高原〔木地挽高原〕

駒ヶ岳と大沼

木地挽山中腹のきじひき高原は、北斗市最大の観光名所と言え、雄大な駒ヶ岳とすそ野…続きを読む

木地挽山中腹のきじひき高原は、北斗市最大の観光名所と言え、雄大な駒ヶ岳とすそ野に広がる大沼や小沼が美しく見渡せる絶景ポイントになっている。また函館方面と函館山もすっかり見通せ、市街地の景色も美しい。パノラマで見渡せる素晴らしさがある。元々広大な公共育成牧場であり、放牧された牛も見られる。
■北海道新幹線の新駅・新函館北斗駅から車で20分ほどで行けるビューポイント。
■メロディーロード/車で走ると曲が聞こえる道が展望台まで続く。往路は三橋美智也の「いいもんだな故郷は」、復路は三木露風の「赤とんぼ」、いづれも北斗市にゆかりの選曲で、窓を開けると聞こえやすくなるそう。
国道227から入口を入って登ると10分ほどで、キャンプ場がある。直ぐ先のゲートを進んで5分ほどで、右手にパノラマ展望台が見えてくる。展望台は、標高560mのところあり、ここに2015年4月に屋内型の展望施設が新設された。強い風と、山の上の寒さを防いでくれるので重宝されるだろう。建物の横から裏手へ屋外バルコニーで囲まれている。ここからの眺めは、正面に横津岳、左手の手前に小沼、大沼、名峰・駒ヶ岳の姿が美しい。箱庭を見るように景色を楽しめる。
☆展望施設には、景色を眺めながらひと休みできるイスとテーブル、自販機、トイレを完備している。写真付きの案内板で初めて訪れる人にもわかりやすい。 閉じる

TEL 0138-73-3111
開館時間 ゲート開放時間 8:30~20:00
駐車場

トラピスチヌ修道院

トラピスチヌ修道院

明治31年にフランスから派遣された8人の修道女が設立した日本初の女子修道院。園内…続きを読む

明治31年にフランスから派遣された8人の修道女が設立した日本初の女子修道院。園内には、テレジア、ジャンヌダルク、天使ミカエルなどの聖像や資料館があり、道なりに牧歌的な草原が広がっている。売店で手造りのロザリオや菓子を販売。 閉じる

入場料 無料
TEL 0138-57-3331
開館時間 8:00〜17:00(冬期8:00〜16:30)
駐車場

函館裏夜景

函館裏夜景

有名な函館山の夜景に対し、ちょうど反対側にあたる小高い丘から望む函館の夜景もま…続きを読む

有名な函館山の夜景に対し、ちょうど反対側にあたる小高い丘から望む函館の夜景もまた素晴らしい。津軽海峡に囲まれる函館山・函館湾などが広く見渡せる。夕暮れ時が、最も美しい景色で、地元ではカップルなどに親しまれる隠れた絶景スポットになっている。周辺はじゃがいも畑などの農家に囲まれているので、マナーには気をつけて。桔梗町、函館インター近くの開拓地農道を先に進み、道なりに一周するように下りてくることが出来る。また、道立四季の杜公園に通じる中野基幹道路からも裏夜景が楽しめる。 閉じる

TEL 0138-21-3111
駐車場

大沼国定公園〔おおぬまこくていこうえん〕

大沼湖畔

大沼は自然豊かな北海道は道南のリゾート地です。現在も活動を続ける活火山の駒ヶ岳…続きを読む

大沼は自然豊かな北海道は道南のリゾート地です。現在も活動を続ける活火山の駒ヶ岳の火砕流によって周辺の窪地に水がたまり、大沼、小沼やじゅんさい沼が生まれました。大沼は屈曲の多い湖岸線を描き、北海道の中でも特に美しい湖とも言われます。新日本三景にも選ばれました。大沼や小沼の一部の小島には橋が渡され、散策コースとなっています。

★大沼函館雪と氷の祭典  毎年2月第1土・日
大沼の氷で作られたジャンボすべり台、アイスカービングの展示のほか、氷上島巡りそりツアーやスノーシューツアー、氷上わかさぎ釣りなどで冬の大沼遊びを満喫できる。
開催日 2018年2月3日・4日の土日 9:00〜
会 場 大沼公園広場

●ジャンボすべり台:全長20mの名物アトラクションは大沼から氷を切り出して毎年制作
●氷のアートアイスカービングとミニ雪像:函館アイスカービングクラブの見事な氷像作品の展示と、ミニ雪像コンクールの受賞作の発表、地元の小中学生による手作り雪像の数々が観られる

★第108回 大沼湖水まつり 2017年7/22・23
会場 七飯町・大沼国定公園広場 正午から
今年は花火大会が2日共に20時から開催される。1日目は地元の子供達のよさいこい踊りや和太鼓演奏、さかなつかみ取り大会などを開催。夜には伝統の灯ろう流しが行われ、暗い湖面に浮かぶ美しい光景が見られる。間近で上がる花火は迫力たっぷりだ。2日目の夜に七飯町町制施行60年記念として、漫才ライブやコンサートなど家族で楽しめそうだ。 閉じる

TEL 0138-65-2511
駐車場 有 有料

大沼湖水まつり〔おおぬまこすいまつり〕

灯ろう流し

★第109回 大沼湖水まつり 2018年7/28・293(土・日) 会場 七飯町・大沼国定公園…続きを読む

★第109回 大沼湖水まつり 2018年7/28・293(土・日)
会場 七飯町・大沼国定公園広場
今年は花火大会とスカイランタンが2日共に開催される。1日目の夜には伝統の灯ろう流しが行われ、暗い湖面に浮かぶ美しい光景が見られる。間近で上がる花火は迫力たっぷりだ。2日目にはバンド演奏やコンサートなど、家族で楽しめそうだ。

■7/28(土) 昼~地元に方々による演奏や発表 16:00バンド演奏などステージ公演 夜〜18:00灯籠行列、慰霊祭 19:00灯ろう流し、スカイランタン打ち上げ 20:00大花火大会 20:30子供花火
■7/23(日) 昼~14:00ブラスバンド演奏 15:30バンド演奏などステージ公演
 19:00灯ろう流し、スカイランタン打ち上げ、歌謡ステージ 20:00大花火大会 ※灯ろう流しは当日の申込も可 閉じる

TEL 0138-65-2511
駐車場 有 有料

函館公園

英国領事ユースデンの働きかけで「街にふさわしい立派な公園を」と、市民総出で造ら…続きを読む

英国領事ユースデンの働きかけで「街にふさわしい立派な公園を」と、市民総出で造られた道内初の近代的都市公園。園内の図書館や博物館も道内初で、昔懐かしい遊園地や動物園がある。小高いすりばち山からは津軽海峡が望める。公園は桜の名所でもあり、花見シーズンには大勢の花見客と出店で賑わっている。 閉じる

入場料 園内市立博物館、こどもの国は有料。
TEL 0138-22-7255
開館時間 開園時間(動物施設)4月~10月 9:00~17:00、11月~ 3月 9:00~16:00
駐車場 有 障がい者用4台のみ

函館山ロープウェイ

3分で山頂へ

125名を一気に運ぶビッグなロープウェイで、函館観光のメイン、函館山へ。ゴンドラ…続きを読む

125名を一気に運ぶビッグなロープウェイで、函館観光のメイン、函館山へ。ゴンドラから間近に教会群を見おろし、やがて両側にせり出した海と函館の街が広がっていく。誰もが感嘆の声を上げる感動的な景色を望む山頂展望台まで、わずか3分。

旅行ガイドのミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに、函館山からの眺望が三つ星で掲載されている。


山頂には2Fにレストラン、3Fにティーラウンジがあり、函館の街と海、山並みを見渡す景色を見ながら食事を楽しめる。 閉じる

入場料 大人1,280円(片道780円) 小人640円(片道390円) 0〜2歳までの幼児は無料 3歳以上の未就学児は大人1名につき1名無料、2名からは小人扱い
TEL 0138-23-3105
開館時間 4/25~10/15迄 始発10:00 下り最終22:00
10/16~4/24迄 始発10:00 下り最終21:00
(年末年始は除く)
駐車場 有 市営観光駐車場・ロープウェイ駐車場共に無料

見晴公園 香雪園〔こうせつえん〕

香雪園の日本庭園

明治35年に造園された。豪商岩船氏の元別荘で、道内では珍しい日本庭園。起伏が多く…続きを読む

明治35年に造園された。豪商岩船氏の元別荘で、道内では珍しい日本庭園。起伏が多く小さな谷川も流れる。オンコや杉などを初めとして道内一の庭園樹種を誇り、落葉の時期は特に見事。平成13年には文化財保護法に基づく「名勝」の指定を受け、「旧岩船氏庭園(香雪園)」の名で北海道唯一の国指定文化財庭園となりました。

★はこだて もみじフェスタ 香雪園の紅葉をライトアップ
2018年10/20(土)〜11/11(日) 見晴公園内の旧岩船氏の庭園・香雪園で毎日16:00〜21:00に紅葉のライトアップが見られる。恒例の無料ミニライブは17:00〜30分程(木曜休以外の毎日、演者は要確認)、金曜日のみ18:30〜30分程 
函館でもっとも見物客が多い紅葉スポットのひとつだ。 閉じる

TEL 0138-57-7210
駐車場 有 無料

恵山つつじ公園

恵山つつじ

五月下旬から六月上旬、つつじの開花時期になると山麓一帯には、60万本ともいわれる…続きを読む

五月下旬から六月上旬、つつじの開花時期になると山麓一帯には、60万本ともいわれるエゾヤマツツジやサラサドウダンの花々が咲き誇り、斜面を朱色に染める素晴らしい眺め。また、快晴の日には下北半島も見られます。
★第50回恵山つつじまつり 2018年5月19日〜6月3日 
イベント開催 5月27日(日) 山麓特設会場(観覧無料) 
10:00地元ステージ、ポニー乗馬体験、海鮮特産品販売会、露店コーナー 
11:10すずはらかのんライブステージ、高田ともえ歌謡ショー
11:40第3回大食い選手権 特製こんぶアイス
12:20第1回バケツバトンリレー選手権 
12:50すずはらかのんライブステージ、アモーレ橋本ショータイム 
13:30ビンゴ大会 閉じる

入場料 無料
TEL 0138-84-2031
開館時間 4月上旬~3月下旬 9:00~18:00
駐車場 有 無料

城岱牧場〔しろたいぼくじょう〕

城岱牧場から函館方面

北に駒ヶ岳、南に函館山、南西眼下には北海道新幹線、大野平野を一望できる風光明媚…続きを読む

北に駒ヶ岳、南に函館山、南西眼下には北海道新幹線、大野平野を一望できる風光明媚な牧場で、道路沿いの展望台からは日中はすばらしい自然の景観、夜間には宝石をちりばめたような函館の夜景、愛称「七つ星夜景」を楽しむことができます。
屋内展望スペースがあり、一般開放されています。開放期間は5月中旬~10月中旬で午前9時~午後5時ですが、7~8月の土曜日のみ午後9時まで開放されます。

★まきばdeスイーツin城岱牧場 2018年9/15・16(土・日) 両日共11:00〜15:00 ※お菓子がなくなり次第終了
七飯町の和洋のお菓子を集めたイベントの第二弾で、「牧場で食べるスーツは絶品だ」をテーマにコーヒーと人気のお菓子を楽しめます。城岱牧場展望台施設にて、参加店はピーターパン、はこだてわいん、カプリス、菓子舗喜夢良 閉じる

入場料 無料
TEL 0138-65-5793
開館時間 4月~11月 24時間
駐車場

大沼 日暮山〔ひぐらしやま〕

秋の日暮山

標高303mの大沼小沼と駒ヶ岳を見渡せる大沼の絶景ポイント。車で駐車場まで、入口か…続きを読む

標高303mの大沼小沼と駒ヶ岳を見渡せる大沼の絶景ポイント。車で駐車場まで、入口から5分位で行ける。頂上の展望台へは徒歩で10分ぐらい。木が生い茂っている場合、じゅんさい沼の見通しは悪いが、大沼の大半の景色は望める。季節によって変わる風景が楽しめ、紅葉の時には特に素晴らしい眺め。 閉じる

TEL 0138-67-3020
駐車場

緑の島

函館山から緑の島

観光名所の元町地区のすぐ前にある多目的用途の人工島。過去に様々な再開発提案がさ…続きを読む

観光名所の元町地区のすぐ前にある多目的用途の人工島。過去に様々な再開発提案がされたが、実現していない。公園として、外周は散策コースになっているので、天気のよい日は、海と遠くの駒ヶ岳が見え、素晴らしい景色が楽しめる。また釣りなども出来るように整備されている。島には駐車場と広々とした芝生とベンチなどもあり、函館山やベイエリアを見渡せ、ファミリーでのんびり散歩などを楽しみたい方に最適。'13年7/27,28にGlayの5万人野外コンサートが行われた。その他、開港150周年イベントや函館黒船イベントなども行われている。 閉じる

入場料 無料
TEL 0138-21-3486
開館時間 4/1~9/30,12/1~12/31 9:00~20:00
10/1~11/30,1/4~3/31 9:00~17:00
駐車場

きじひき高原 匠の森〔たくみのもり〕

匠の森

北斗市の体験施設。木工体験ができる。一人200円、要予約。

北斗市の体験施設。木工体験ができる。一人200円、要予約。 閉じる

入場料 施設利用は、木工体験 200円 研修室 大人500円 小人200円 バーベキュー(炭使用)1,520円
TEL 0138-77-9712
開館時間 研修センター営業時間 : 10:00~18:00 冬期休業 : 10月中旬~4月中旬
駐車場

駒ヶ岳神社〔こまがたけじんじゃ〕

駒ヶ岳神社の鳥居

駒ヶ岳は、元々富士山のようなコニーデ型の形をしていたが、昭和4年6月に大噴火をし…続きを読む

駒ヶ岳は、元々富士山のようなコニーデ型の形をしていたが、昭和4年6月に大噴火をして、その頂上付近の大部分が吹き飛ばされ函館・江差まで火山灰を降らせました。一部が剣ケ峰(海抜1,131m)として残り、馬の背、砂原岳が形成されました。古くは1641年の大噴火から平成9年迄に、大小合わせて12回の噴火を繰り返しています。登山の出発点にあたるこの神社で、春の開山祭、そして祈願が行われます。大岩は、1641年の噴火で、溶岩噴出により出来たとされ、中央の洞窟内が通り抜け出来るようになっている。この洞窟を通り抜ける事により、御利益があると言われ、今はパワースポットとして人気を呼んでいます。 閉じる

TEL 0138-67-3020
駐車場

駒ヶ岳〔こまがたけ〕

秀峰・駒ヶ岳

北海道・道南の噴火湾沿いに美しいすそ野をたたえそびえ立つ名山・駒ヶ岳は、森町、…続きを読む

北海道・道南の噴火湾沿いに美しいすそ野をたたえそびえ立つ名山・駒ヶ岳は、森町、鹿部町、七飯町にまたがり、秀峰・剣ヶ峰は標高1,131mと砂原岳1,113mからなる成層型の活火山である。この火山の噴火によって川がせき止められ出来たのが大沼である。すそ野は小沼・じゅん菜沼をはじめ自然の宝庫を形成している。駒ヶ岳は様々な角度からの景色がそれぞれ表情を変えた美しさがある。また函館方面や室蘭道央方面からも見渡せ、道南の自然や産業にとってもシンボル的な存在である。富士山のような美しさを称えることから渡島富士とも呼ばれている。一方、1640年(寛永17年)の大噴火以来、1996年まで小中の噴火を繰り返し多大な被害も与えている。現在は症候も落ち着き、6合目迄は車で上ることができ、馬の背(892m)まで軽登山が楽しめる。頂上までは問い合せが必要。大沼を見おろし、道南一帯を眺望できる景色は、横津岳と並び特筆に値する。すそ野からは、駒ヶ岳神社から登山道入口がある。 閉じる

TEL 01374-2-2181
開館時間 登山可能時間は09:00〜15:00、赤井川登山道のみ利用可能。
入山手続きがあるので登山を希望される方は事前に森町へご確認ください。
駐車場

函館観光おすすめコース

▲ページ先頭へ