函館観光

駒ヶ岳〔こまがたけ〕

  • 秀峰・駒ヶ岳秀峰・駒ヶ岳
  • 大沼と駒ヶ岳大沼と駒ヶ岳

北海道・道南の噴火湾沿いに美しいすそ野をたたえそびえ立つ名山・駒ヶ岳は、森町、鹿部町、七飯町にまたがり、秀峰・剣ヶ峰は標高1,131mと砂原岳1,113mからなる成層型の活火山である。この火山の噴火によって川がせき止められ出来たのが大沼である。すそ野は小沼・じゅん菜沼をはじめ自然の宝庫を形成している。駒ヶ岳は様々な角度からの景色がそれぞれ表情を変えた美しさがある。また函館方面や室蘭道央方面からも見渡せ、道南の自然や産業にとってもシンボル的な存在である。富士山のような美しさを称えることから渡島富士とも呼ばれている。一方、1640年(寛永17年)の大噴火以来、1996年まで小中の噴火を繰り返し多大な被害も与えている。現在は症候も落ち着き、6合目迄は車で上ることができ、馬の背(892m)まで軽登山が楽しめる。頂上までは問い合せが必要。大沼を見おろし、道南一帯を眺望できる景色は、横津岳と並び特筆に値する。すそ野からは、駒ヶ岳神社から登山道入口がある。

  • 大沼と駒ヶ岳大沼と駒ヶ岳
住所
茅部郡森町駒ケ岳
電話番号
01374-2-2181
営業時間
登山可能時間は09:00〜15:00、赤井川登山道のみ利用可能。 入山手続きがあるので登山を希望される方は事前に森町へご確認ください。
駐車場

函館観光おすすめコース

▲ページ先頭へ