メニュー

函館タウンなび/北海道函館のグルメ ホテル 温泉 観光

イベント

函館観光

函館観光施設情報

大野〜大沼周辺

16件あります

大沼国定公園〔おおぬまこくていこうえん〕

大沼は自然豊かな北海道は道南のリゾート地です。現在も活動を続ける活火山の駒ヶ岳…続きを読む

大沼は自然豊かな北海道は道南のリゾート地です。現在も活動を続ける活火山の駒ヶ岳の火砕流によって周辺の窪地に水がたまり、大沼、小沼やじゅんさい沼が生まれました。大沼は屈曲の多い湖岸線を描き、北海道の中でも特に美しい湖とも言われます。新日本三景にも選ばれました。大沼や小沼の一部の小島には橋が渡され、散策コースとなっています。

★大沼函館雪と氷の祭典  毎年2月第1土・日
大沼の氷で作られたジャンボすべり台、アイスカービングの展示のほか、氷上島巡りそりツアーやスノーシューツアー、氷上わかさぎ釣りなどで冬の大沼遊びを満喫できる。
開催日 2018年2月3日・4日の土日 9:00〜
会 場 大沼公園広場

●ジャンボすべり台:全長20mの名物アトラクションは大沼から氷を切り出して毎年制作
●氷のアートアイスカービングとミニ雪像:函館アイスカービングクラブの見事な氷像作品の展示と、ミニ雪像コンクールの受賞作の発表、地元の小中学生による手作り雪像の数々が観られる

★第108回 大沼湖水まつり 2017年7/22・23
会場 七飯町・大沼国定公園広場 正午から
今年は花火大会が2日共に20時から開催される。1日目は地元の子供達のよさいこい踊りや和太鼓演奏、さかなつかみ取り大会などを開催。夜には伝統の灯ろう流しが行われ、暗い湖面に浮かぶ美しい光景が見られる。間近で上がる花火は迫力たっぷりだ。2日目の夜に七飯町町制施行60年記念として、漫才ライブやコンサートなど家族で楽しめそうだ。 閉じる

TEL 0138-65-2511
駐車場 有 有料

大沼湖水まつり〔おおぬまこすいまつり〕

★第109回 大沼湖水まつり 2018年7/28・293(土・日) 会場 七飯町・大沼国定公園…続きを読む

★第109回 大沼湖水まつり 2018年7/28・293(土・日)
会場 七飯町・大沼国定公園広場
今年は花火大会とスカイランタンが2日共に開催される。1日目の夜には伝統の灯ろう流しが行われ、暗い湖面に浮かぶ美しい光景が見られる。間近で上がる花火は迫力たっぷりだ。2日目にはバンド演奏やコンサートなど、家族で楽しめそうだ。

■7/28(土) 昼~地元に方々による演奏や発表 16:00バンド演奏などステージ公演 夜〜18:00灯籠行列、慰霊祭 19:00灯ろう流し、スカイランタン打ち上げ 20:00大花火大会 20:30子供花火
■7/23(日) 昼~14:00ブラスバンド演奏 15:30バンド演奏などステージ公演
 19:00灯ろう流し、スカイランタン打ち上げ、歌謡ステージ 20:00大花火大会 ※灯ろう流しは当日の申込も可 閉じる

TEL 0138-65-2511
駐車場 有 有料

大沼 日暮山〔ひぐらしやま〕

標高303mの大沼小沼と駒ヶ岳を見渡せる大沼の絶景ポイント。車で駐車場まで、入口か…続きを読む

標高303mの大沼小沼と駒ヶ岳を見渡せる大沼の絶景ポイント。車で駐車場まで、入口から5分位で行ける。頂上の展望台へは徒歩で10分ぐらい。木が生い茂っている場合、じゅんさい沼の見通しは悪いが、大沼の大半の景色は望める。季節によって変わる風景が楽しめ、紅葉の時には特に素晴らしい眺め。 閉じる

TEL 0138-67-3020
駐車場

城岱牧場〔しろたいぼくじょう〕

北に駒ヶ岳、南に函館山、南西眼下には北海道新幹線、大野平野を一望できる風光明媚…続きを読む

北に駒ヶ岳、南に函館山、南西眼下には北海道新幹線、大野平野を一望できる風光明媚な牧場で、道路沿いの展望台からは日中はすばらしい自然の景観、夜間には宝石をちりばめたような函館の夜景、愛称「七つ星夜景」を楽しむことができます。
屋内展望スペースがあり、一般開放されています。開放期間は5月中旬~10月中旬で午前9時~午後5時ですが、7~8月の土曜日のみ午後9時まで開放されます。

★まきばdeスイーツin城岱牧場 2018年9/15・16(土・日) 両日共11:00〜15:00 ※お菓子がなくなり次第終了
七飯町の和洋のお菓子を集めたイベントの第二弾で、「牧場で食べるスーツは絶品だ」をテーマにコーヒーと人気のお菓子を楽しめます。城岱牧場展望台施設にて、参加店はピーターパン、はこだてわいん、カプリス、菓子舗喜夢良 閉じる

入場料 無料
TEL 0138-65-5793
開館時間 4月~11月 24時間
駐車場

駒ヶ岳神社〔こまがたけじんじゃ〕

駒ヶ岳は、元々富士山のようなコニーデ型の形をしていたが、昭和4年6月に大噴火をし…続きを読む

駒ヶ岳は、元々富士山のようなコニーデ型の形をしていたが、昭和4年6月に大噴火をして、その頂上付近の大部分が吹き飛ばされ函館・江差まで火山灰を降らせました。一部が剣ケ峰(海抜1,131m)として残り、馬の背、砂原岳が形成されました。古くは1641年の大噴火から平成9年迄に、大小合わせて12回の噴火を繰り返しています。登山の出発点にあたるこの神社で、春の開山祭、そして祈願が行われます。大岩は、1641年の噴火で、溶岩噴出により出来たとされ、中央の洞窟内が通り抜け出来るようになっている。この洞窟を通り抜ける事により、御利益があると言われ、今はパワースポットとして人気を呼んでいます。 閉じる

TEL 0138-67-3020
駐車場

横津岳〔よこつだけ〕

標高1166.9メートル。函館周辺では最も高い山となる。道南随一の絶景が見られる場所…続きを読む

標高1166.9メートル。函館周辺では最も高い山となる。道南随一の絶景が見られる場所。山頂には航空路監視レーダーや無線の中継基地等が設置されていて、その裏側が絶景ポイントとなっていて、直ぐ目の前の駒ヶ岳は高さがほぼ同じ目線で見られ、壮観な景色にしばし心を奪われる。道南全体と北は札幌方面まで見渡せ、南側は、函館はもちろん青森までくっきりと見わたせる。頂上付近は、美しい自然が残り、神秘的な沼や高山植物なども楽しめ素晴らしいハイキングが出来る。山頂手前には、ばんだい号遭難慰霊碑があるが、近辺に車を止めて、山頂までは30分程の歩きで行ける。 閉じる

駐車場

大沼森林公園〔しんりんこうえん〕

大沼の自然林のなかをめぐる全長2.5キロの遊歩道がある公園。園内の木々には樹名…続きを読む

大沼の自然林のなかをめぐる全長2.5キロの遊歩道がある公園。園内の木々には樹名板が設置されている。渡り鳥やリスなど野生動物の姿を見ることができる。道南杉のセンターロッジがあり休憩に利用できる。 閉じる

TEL 0138-67-3950
開館時間 9:00〜17:00
駐車場

東大沼のミズバショウ

自然豊かな大沼湖畔は、5月初旬頃にはミズバショウが群生するところが何カ所もあり…続きを読む

自然豊かな大沼湖畔は、5月初旬頃にはミズバショウが群生するところが何カ所もありますが、東大沼キャンプ場から徒歩3分で行けるところに大沼最大規模の群生地帯があります。キャンプ場も賑わってくる頃、対照的にひっそりとその自然美が楽しめます。ここはじっくりと観察もしやすく、トルナーレの近くまで広がっている様は見事です。4月下旬あたりから5月上旬が見ごろ。 閉じる

TEL 0138-65-2511
開館時間 見頃になるのは4月中旬から下旬
駐車場 有 駐車スペースあり

東大沼キャンプ場

大沼湖畔周遊道路と湖に挟まれた芝サイトの無料キャンプ場。炊事楝、水洗トイレとボ…続きを読む

大沼湖畔周遊道路と湖に挟まれた芝サイトの無料キャンプ場。炊事楝、水洗トイレとボート用の桟橋などがある。シャワー施設はないが、周辺の温泉を利用すれば良いだろう。同キャンプ場からは湖畔の美しさに駒ヶ岳の威容が加わり、そのために全ての要素が配置された一枚の絵画のような風景を望むことができる。 閉じる

TEL 0138-67-3477
駐車場

大沼公園 白鳥台〔はくちょうだい〕

大沼と小沼が接する場所。小沼への水の流れがあるためこの周辺の湖面は冬でも凍らな…続きを読む

大沼と小沼が接する場所。小沼への水の流れがあるためこの周辺の湖面は冬でも凍らない。そのため、冬の渡り鳥に絶好の休憩場所になっている。白鳥台は、ここを訪れる白鳥などを観察するための展望台。道路を挟んで駐車場がある。 閉じる

TEL 0138-67-2170
駐車場

大沼国際セミナーハウス

閉じる

入場料 国際会議場、第一研修室:1時間 ¥4,420 会議・セミナー時には、無料送迎バス(28人乗)もある
TEL 0138-67-3950
開館時間 12月31日から1月5日
駐車場

駒ヶ岳〔こまがたけ〕

北海道・道南の噴火湾沿いに美しいすそ野をたたえそびえ立つ名山・駒ヶ岳は、森町、…続きを読む

北海道・道南の噴火湾沿いに美しいすそ野をたたえそびえ立つ名山・駒ヶ岳は、森町、鹿部町、七飯町にまたがり、秀峰・剣ヶ峰は標高1,131mと砂原岳1,113mからなる成層型の活火山である。この火山の噴火によって川がせき止められ出来たのが大沼である。すそ野は小沼・じゅん菜沼をはじめ自然の宝庫を形成している。駒ヶ岳は様々な角度からの景色がそれぞれ表情を変えた美しさがある。また函館方面や室蘭道央方面からも見渡せ、道南の自然や産業にとってもシンボル的な存在である。富士山のような美しさを称えることから渡島富士とも呼ばれている。一方、1640年(寛永17年)の大噴火以来、1996年まで小中の噴火を繰り返し多大な被害も与えている。現在は症候も落ち着き、6合目迄は車で上ることができ、馬の背(892m)まで軽登山が楽しめる。頂上までは問い合せが必要。大沼を見おろし、道南一帯を眺望できる景色は、横津岳と並び特筆に値する。すそ野からは、駒ヶ岳神社から登山道入口がある。 閉じる

TEL 01374-2-2181
開館時間 登山可能時間は09:00〜15:00、赤井川登山道のみ利用可能。 入山手続きがあるので登山を希望される方は事前に森町へご確認ください。
駐車場

砂原 望洋の森〔ぼうようのもり〕

駒ヶ岳の中腹にあり砂原側からの登山道に繋がる保安林内の森林公園。噴火湾を一望で…続きを読む

駒ヶ岳の中腹にあり砂原側からの登山道に繋がる保安林内の森林公園。噴火湾を一望できる眺めがよく、対岸には室蘭の白鳥大橋がはっきりと見える。散策路もあり静かな駒ヶ岳の中腹地点となり、砂原岳への登山はここの駐車場から始められる。 閉じる

TEL 01374-8-3111
駐車場

鹿部公園〔しかべこうえん〕

春には300本の桜が花を咲かせる。川遊びできる河川敷や散歩道がある。

春には300本の桜が花を咲かせる。川遊びできる河川敷や散歩道がある。 閉じる

TEL 01372-7-5293
駐車場

大船遺跡 大船遺跡〔おおふねいせき〕

縄文時代中期(約5,400~4,100年前)を中心とした大規模な集落跡です。約100軒ほどの…続きを読む

縄文時代中期(約5,400~4,100年前)を中心とした大規模な集落跡です。約100軒ほどの竪穴式居住跡が見つかっており、集落全体では約600軒に上ると見られている。青森県の三内丸山遺跡とは同じ文化圏として交流があり、多くの出土品や埋葬品から日本の文化社会の根を担ったとも言われている。1996(平成8)年に行われた発掘調査で注目され,2001(平成13)年には国の史跡に指定されました。竪穴住居跡の規模が非常に大きく、かつ密集しており、地中にはさらに多くの住居跡の存在が推測されることから、現在は世界遺産への登録申請も進められている。道南には、これ以外にも函館空港の滑走路の下に埋もれてしまった「中野B遺跡」などが発見され、これは約8000年前の遺跡で、住居跡は600以上と大型のものである。函館空港に一部スペースで展示されている。
また近くに、国内最大級の中空土偶が見られる「縄文文化交流センター」がある。 閉じる

入場料 見学自由
TEL 0138-21-3472
駐車場

函館市 縄文文化交流センター

函館市南茅部地域は、資源豊かな海と山に囲まれ、縄文時代早期から晩期にかけて約7…続きを読む

函館市南茅部地域は、資源豊かな海と山に囲まれ、縄文時代早期から晩期にかけて約7千年 もの間、連綿と縄文文化が栄えていました。発掘された遺跡からは、当時の人々の暮らしを物語る貴重な遺物が多数出土され、常設の博物館としてそれらが展示されています。最大の見ものは、全長40センチを超える国内最大級の中空土偶(国宝)で、造形的にも優れ、紋様や姿かたちからも高い精神性と芸術性を感じられるものです。'75年に農作業時に発見され、'79年に重要文化財に指定、その後国宝に指定されました。その他狩猟や生活に使われた器具や道具など、南茅部の縄文遺跡から出土した土器や石器を常設で展示しています 閉じる

入場料 一般300円 学生・生徒・児童150円
TEL 0138-25-2030
開館時間 09:00〜17:00 11月〜3月 09:00〜16:30
駐車場

函館観光おすすめコース

▲ページ先頭へ