メニュー

函館タウンなび/北海道函館のグルメ ホテル 温泉 観光

イベント

函館観光

函館観光施設情報

函館中央エリア

13件あります

五稜郭公園

北方防備の目的で造られた、日本初のフランス築城方式の星型要塞で国の特別史跡に指…続きを読む

北方防備の目的で造られた、日本初のフランス築城方式の星型要塞で国の特別史跡に指定されている。幕軍と官軍の最期の戦いである箱館戦争の舞台となったことでも有名。4月下旬から園内のソメイヨシノが一勢に咲き誇り、市民でにぎわいを見せる花見の名所でもある。

■冬期/五稜星の夢(ほしのゆめ)イルミネーション
2018年12/1〜2019年2/28 イルミネーション点灯時間17:00〜20:00 ※2/10〜28は日没の関係で17:30点灯
国の特別史跡・五稜郭のお堀1.8kmを2,000個のルミネーションでライトアップする「五稜星の夢」。雪で覆われた五稜郭が光の星となって函館の夜景に浮かび上がる。お堀に映るイルミネーションが美しく、真冬の散歩道としても人気。期間中、五稜郭タワーでは19時まで延長営業し、17時からは夜間特別料金で搭乗できる。 閉じる

入場料 展望料金 大人900円
TEL 0138-21-3111
開館時間 □五稜郭タワー 8:00~19:00 (4/21~10/20) 9:00~18:00 (10/21~4/20) 五稜星の夢期間9:00~19:00
駐車場 有 市営パーキング 1h200円

五稜郭タワー

五稜郭にちなみ五角形の展望台と星形の塔体を持っているタワーは2006年にオープン。…続きを読む

五稜郭にちなみ五角形の展望台と星形の塔体を持っているタワーは2006年にオープン。地上107mの展望台から望む360度のパノラマは、函館山や津軽海峡、横津連峰の山並み、国の特別史跡・五稜郭の星型を眺望することができます。無料で入場できる1階アトリウムには新撰組副長・土方歳三のブロンズ像や箱館五稜郭祭で使用される大砲などが展示され、売店が隣接しています。展望台は2階層になっており、同1階には空中散歩の気分を味わえるシースルーフロア、2階には五稜郭の歴史を学べる展示スペースなどがあります。

■五稜郭タワーは初日の出スポット 2016年12月
元旦は朝6時から営業、展望台で縁起のいい獅子舞が披露される。7時から1Fアトリウムで新春餅つきのサービスも。元旦の午前0時にタワーがライトアップされ、新年を迎えたことをタワーの灯りで知らせる。 閉じる

入場料 展望料金/大人900円 中高生680円 小学生450円
TEL 0138-51-4785
開館時間 8:00〜19:00(4/21〜10/20) 9:00〜18:00(10/21〜4/20) 9:00〜19:00(五稜星の夢期間)
駐車場 有 2h200円(美術館よこ)

箱館奉行所〔はこだてぶぎょうしょ〕

1864年の建築当時とまったく同じ場所に復元建築することで、国の特別史跡の中の遺跡…続きを読む

1864年の建築当時とまったく同じ場所に復元建築することで、国の特別史跡の中の遺跡としての価値を持たせるため、遺構の発掘調査、当時の図面や写真、文献を読み解いて、完成まで4年の歳月と、総工費28億円をかけた。建物は御殿様式の木造で高さは16.5m、苦心した屋根瓦の色の出し具合は必見だ。
建物は4つのゾーンに分けて見学できる。奉行の執務室や大広間を幕末当時の姿に復元した「再現」、箱館開港による奉行所の誕生から五稜郭の築城、箱館戦争に至る「歴史発見」、復元工事に携わった宮大工の技を紹介する「映像シアター」、構想から完成まで20年を要した復元のプロジェクトを過程を追って紹介する「建築復元」。
廊下までタタミ敷きの館内は木の香りが芳しく、日本の古建築の美しさが見どころだ。

■奉行に変身・記念撮影
打掛やかみしもの衣装で記念撮影ができます。2018年12/29(土)9時~16時、奉行所の入館料のみで鑑賞可 閉じる

入場料 入場料500円 履き物を脱いで入館
TEL 0138-51-2864
開館時間 9:00~18:00 (4/1~10/31) 9:00~17:00 (11/1~3/31)
駐車場 有 公営駐車場あり。

箱館 五稜郭祭〔ごりょうかくさい〕

箱館五稜郭祭は、明治維新の戊辰戦争で命を落とした志士たちをしのび、五稜郭の歴史…続きを読む

箱館五稜郭祭は、明治維新の戊辰戦争で命を落とした志士たちをしのび、五稜郭の歴史を後世に伝えるため、昭和45年にはじまりました。今年49回を迎える歴史ある祭り。
ペリー来航による幕末の動乱から、錦の旗を掲げた西郷隆盛中心とする新政府軍は、江戸城を無血開城させる。

一日目は土方歳三コンテスト。全国大会と銘打っているだけあって、出場者のなりきりパフォーマンスで盛り上がり、優勝者が決定します。
祭りの見どころは二日目。優勝者が参加して行われる迫力ある戦闘シーンのパフォーマンスで盛り上がり、沿道の観客から大きな拍手を受けます。

開催日 2018年5月19日・20日の土日 
スケジュール
■5月19日 碑前祭:10:00中島三郎助父子最後の地碑(中島町) 10:50碧血碑(立待岬近く) 11:30土方歳三最期の地碑(若松町) 12:00五稜郭タワー 箱館戦争供養塔前(五稜郭町)
五稜郭タワー アトリウム:13:00記念式典 13:15第31回 土方歳三コンテスト全国大会
■5月20日 13:00維新行列・音楽パレード(中島廉売通り〜千代台公園〜行啓通り〜五稜郭公園) 13:15〜14:30戦闘シーンのパフォーマンス(行啓通り) 15:00五稜郭明け渡しを再現する、開城セレモニー(五稜郭公園特設ステージ) 閉じる

TEL 0138-51-4785
駐車場

函館市 芸術ホール

函館市文化・スポーツ振興財団で主催・共催する催し物が行われる地下2階・地上4階建…続きを読む

函館市文化・スポーツ振興財団で主催・共催する催し物が行われる地下2階・地上4階建のイベントホール。招へいするアーティストや市民音楽コンサート・演劇、文化事業や講演会などが、毎週行われている。スケジュールは、文化スポーツ財団のホームページに記載されている。2つの形に稼動するホールや屋内ギャラリーなど、函館市の文化発信の基地となっている。ホールは、700〜800名の収容で、会議室やギャラリー、リハーサル室などがある。 閉じる

TEL 0138-55-3521
開館時間 午前9時〜午後10時
駐車場 有 1時間200円

北洋資料館

北洋漁業の基地として発展を遂げてきた函館も200海里規制により沖合・沿岸漁業へと…続きを読む

北洋漁業の基地として発展を遂げてきた函館も200海里規制により沖合・沿岸漁業へとその内容を変化させてきた。同館はその北洋漁業関する資料の保存や展示を目的としている。荒波を超える漁船の操舵室を再現した体験型展示などがある。 閉じる

入場料 入場料:100円
TEL 0138-55-3455
開館時間 9:00〜19:00(11〜3月17:00迄)
駐車場

市民創作 函館野外劇〔はこだてやがいげき〕

※写真はこれまでの公演のイメージです 市民創作 函館野外劇は、函館在住の故フィリ…続きを読む

※写真はこれまでの公演のイメージです
市民創作 函館野外劇は、函館在住の故フィリップ・グロード神父(フランス出身)氏によって提唱され、1988年から第一回がはじまり、今年で31回を迎える。元々は演出・脚本等も、ほとんどが市民の手作りボランティアによるものとしてスタートし、五稜郭の特別史跡を背景に、函館の歴史大スペクタクルを展開する。
問い合わせは、運営のNPO法人 市民創作「函館野外劇」の会。

第31回 市民創作 函館野外劇 2018「星の城、明日に輝け」
幕軍と官軍最後の戦いの地となった五稜郭を舞台に、函館地方の歴史を75分の雄大な叙事詩として上演する。
■7月13日(金)~8月11日(土)の金土・全8回公演
■会 場/五稜郭公園一の橋広場
■時 間/19:30~20:40
■入場料/大人1,500円(前売り1,200円)・高大短専800円(600円)・小中400円(3600円) 閉じる

入場料 大人1,500円(前売り1,200円)・高大短専800円(600円)・小中400円(300円)
TEL 0138-56-8601
開館時間 19:30~20:40 7月から8月上旬にかけての週末(不定期)。
18年は8回公演
駐車場 有 公営駐車場あり。

北海道立 函館美術館

鋭角と曲線を組み合わせたモダンなデザインの美術館。入口やホールにはロダンやルノ…続きを読む

鋭角と曲線を組み合わせたモダンなデザインの美術館。入口やホールにはロダンやルノワールなどの西洋近代彫刻が展示されている。 閉じる

TEL 0138-56-6311
開館時間 09:30〜17:00
駐車場 有 1時間200円

函館 緑園通り〔川原緑道〕

函館市深堀町から湯川町3丁目までの全長約1.8kmの自転車道と緑地帯を備えた遊歩道。…続きを読む

函館市深堀町から湯川町3丁目までの全長約1.8kmの自転車道と緑地帯を備えた遊歩道。サクラ、ナナカマド、ヤマモミジなど約370本の植樹や緑のトンネルなど、四季折々の風景を楽しませてくれる。川原緑道、そして緑園通りと繋がり、湯の川へ徒歩でも約30分間の道のり。サイクリングやジョギング、学生の通学路としても利用されている。
元々は戦前に、旧国鉄が戸井線として、恵山方面から硫黄などの物資を運ぶために建設されたもので、戸井方面には、アーチ橋など歴史的遺産が数カ所残る。川原緑道・緑園通りは、戸井線の遺構を函館市が整備したもので、歴史の跡を残す稀少な函館市の資産といえる。 閉じる

TEL 0138-21-3111
駐車場

啄木小公園

かつてはハマナスの花が咲き乱れていた大森浜と砂山を愛した啄木の座像が、函館山を…続きを読む

かつてはハマナスの花が咲き乱れていた大森浜と砂山を愛した啄木の座像が、函館山を背に位置する。台座には「潮かおる北の浜辺の砂山のかの浜薔薇(はまなす)よ今年も咲けるや」の歌が刻まれています。公園内に西條八十の啄木に捧げた詩碑がある。 閉じる

入場料 無料
TEL 0138-21-3111
駐車場

津軽海峡 イカ漁 漁火銀座〔いかりょう いさりびぎんざ〕

毎年、6月1日にイカ漁が解禁となる。函館周辺の漁業はイカ釣りが主力で、函館で獲れ…続きを読む

毎年、6月1日にイカ漁が解禁となる。函館周辺の漁業はイカ釣りが主力で、函館で獲れるイカは、主にスルメイカ(真イカ)とヤリイカ。
函館地方は、古くから日本海を南から北に回遊するスルメイカの生産地となっている。
八月下旬にかけて漁場もだんだんと海から函館市街に近づき、湯の川漁火まつりも催される。
イカは、光の元に集まる習性があるため、イカ釣り船は、ランタンのようなライトを船にたくさん吊している。暗闇の海に照らす明かりは相当明るい。毎年漁が盛んな6月〜12月位まで、津軽海峡に多くのイカ釣り船が出て、水平線に並んで見えて明るく夜空を照らす。明るさが街明かりのように見えることから漁火銀座とも言われ、幻想的な光景になる。函館の街の風物詩でもある。
函館のイカ釣り船の特徴として、他と違い、釣ったイカは、生け簀で捕獲される。そのため漁から戻ったあとも、イカがピンピンしている。まさに鮮度が命の函館のイカ漁である。
スルメイカ等の稚魚は、日本の南の方で生まれるが、北上しながら成長し、人の成人ぐらいの年齢にあたるころにプランクトンの豊富な津軽海峡あたりに来る。そのころがピチピチとしてちょうど食べ頃の時期になるので、函館のイカは特別に美味しい。スルメイカは、函館では真いかと呼ばれ、毎年6月から8月頃迄が最も旬で、あまり大きくならないのが美味しい。また、ヤリイカは、11月中旬~2月にかけて獲れ、細身の胴に大きなミミで、槍のような形である。身が薄めで歯ざわりも柔らかい。
特に、夏にかけての育ち盛りの真イカとヤリイカは絶品だ。身が透き通り食感もコリコリして柔らかい。やはり鮮度が重要なイカは、函館に来て食べるしかない。 閉じる

TEL 0138-21-3111
開館時間 夏から秋。
駐車場

函館競輪場(函館けいりん)

《2016年 函館けいりん開催スケジュール》 ★F1ナイター:6月14日・15日・16日 7…続きを読む

《2016年 函館けいりん開催スケジュール》
★F1ナイター:6月14日・15日・16日 7月5日・6日・7日 8月12日・13日・14日 9月29日・30日・10月1日
★F2ナイター:6月20日・21日・22日 6月30日・7月1日・2日 8月6日・7日・8日、18日・19日・20日 9月14日・15日・16日
★函館記念G3:7月23日〜26日

昭和25年、全国で47番目に開設された函館競輪場は、北海道唯一の競輪場。大森浜の海に近く、爽やかな印象の競輪場。海からの強風を防ぐため,海側には防風壁が設置されている。
バンクは1周400m、全国的にも先駆けとなったナイター設備を有しており、平成10年から4月から10月にかけて、「スターライトレース」という愛称でナイター競走が行われています。
2003(平成15)年4月にグランドオープンし、現在鉄骨5階建てのメーンスタンドを有し、4基の照明灯を備え、観戦スタンドは屋根のある全天候型となった。記念競輪は「五稜郭杯争奪戦」を開催。
メインスタンド 1F・コミュニテイロビー、2F・テレシアター,一般観覧席,キッズルーム、 3F・特別観覧席、4F・ロイヤル席、食堂,売店 など。スタンド席からは津軽海峡が望める。
会議場もあり一般利用(有料)もできる。一般入場料は無料。特別観覧席(函館競輪開催日) 400円、モニター席600円など。 閉じる

入場料 入場料:一般席 無料,特別観覧席400円,モニタ席600円(函館けいりん開催日のみ),ロイヤル席2,000円,部屋貸し10,000円(函館けいりんFⅠ・FⅡ開催日のみ)
TEL 0138-51-3121
開館時間 本場開催時は10時 、ナイター単独開催日は14時30分より開門
駐車場 有 無料

土方・啄木浪漫館

漁火館通り沿い、津軽海峡を望む啄木小公園に隣接した浪漫館。土方歳三、石川啄木の…続きを読む

漁火館通り沿い、津軽海峡を望む啄木小公園に隣接した浪漫館。土方歳三、石川啄木の貴重な資料や収蔵品が多数展示されている。石川啄木 浪漫シアターでは、精巧なロボットの啄木が先生となり、歌を詠んだり来客者に話しかけたりする。 閉じる

入場料 一般/大人600円、中高生500円、小学生400円(団体10名以上40〜60円引き)
TEL 0138-56-2801
開館時間 9:00〜18:00
駐車場

函館観光おすすめコース

▲ページ先頭へ