メニュー

函館タウンなび/北海道函館のグルメ ホテル 温泉 観光

イベント

函館のイカは、なぜ美味しい?

津軽海峡では、ほぼ一年を通して脂の乗ったイカが漁獲されます。 初夏に獲れるイカは、秋から冬に山陰日本海から東シナ海で生まれ、エサを食べながら北上したスルメイカで、秋から冬に獲れるイカは、北海道からサハリン・千島列島まで索餌回遊していたイカが、 南の産卵場へ向かうため再び津軽海峡を通過するイカです。活発に餌を食べて成長したイカが、津軽海峡ではいつも来遊しており、身が厚く、肝臓(ゴロ)も太っており美味なのです。 これが「函館のイカは日本一おいしい!」といわれる所以です。一方、日本の南で漁獲されるスルメイカは、産卵間近のもので、身はやせており津軽海峡のイカに比べて味は落ちるといわれています。

函館だから出来る生簀(いけす)いか

「生け簀(いけす)イカ」は、釣ったイカを漁船の水槽(いけす)に入れたまま、港まで運び、生きたままのイカを水揚げするため、鮮度が大変良いのです。

函館は、スルメイカ(通称マイカ)の良好な漁場である津軽海峡に面した街です。 毎年6月1日から解禁となるスルメイカ漁は、函館市の沖が主要な漁場となるため、漁場から市場までの距離・時間が非常に短いほか、本州等と比べ沿岸域の水温が低いため、いけすイカの水揚げが出来るのです。 また一部は、いけすから活魚輸送車に積み「活イカ」として、生きたまま流通されています。

干物・海産物 商品ジャンル